ガラスペンでなぞる【なぞりがき万葉集】大伯皇女が弟・大津皇子の死を悼む挽歌

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

里中満智子さんの『天上の虹』がきっかけで『万葉集』が好きになったみくるです。

『天上の虹』は『万葉集』を丁寧にひも解くことで、『古事記』や『日本書紀』などの公的な記録には残っていない、その時代を生きた人々の心情に触れることで展開していく物語です。

今回は『天上の虹』でも印象的に描かれている「大津皇子謀反事件」にまつわる歌をご紹介します。

スポンサーリンク

磯の上に生ふるあしびを手折らめど

大津皇子謀反事件

春の草花より「アセビ」を詠んだ大伯皇女の歌です。

大津皇子の死を悼む挽歌(解説)

(読み下し)
磯の上に ふるあしびを
手折たおらめど
見すべき君が ありとはいはなくに

巻2-166 大伯皇女

(現代語訳)
磯のほとりに生えているあしびを折りたいが
お見せする相手のあなたがいるわけではないのに。

弟・大津皇子の死を悼む挽歌です。

謀反の疑いで自害させられた皇子の亡骸を、二上山(奈良県と大阪府の堺にある山)に移した時に詠んだといわれます。

皇子は逮捕される前、伊勢の斎宮だった大伯皇女を伊勢神宮に訪ねており、『万葉集』には、大和へ帰る弟の身を案じる歌が二首収められています。

深い愛情で結ばれた姉弟だったのでしょう。
あしびの花を見せるべき人がいないと嘆く歌から、愛する弟を喪った悲しみの深さが伝わってきます。

なぞりがき万葉集

大津皇子が自害したという磐余の池の畔には、大津皇子の辞世の句を刻んだ歌碑が建っています。

その歌碑のことを書いた記事を読みに来て下さる方が多いことから、大津皇子のファンが多いことを知りました。
【大津皇子辞世の句】磐余の池跡地にて大伯皇女と共に偲ぶ

その記事では、皇子の亡骸を二上山に移した時に詠んだ歌をもう一首ご紹介しています。

(読み下し)
うつそみの 人にある我や
明日よりは
二上山を 
弟背いろせと我が見む
万葉集 巻2-165 大伯皇女

(現代語訳)
一人この世に生き続ける私は、明日からは弟の眠るあの二上山を弟として見続けよう。

大津皇子の死を悼む挽歌(アセビのこと)

繁栄と生命力の象徴・馬酔木(アセビ)

アセビは明るい山林に自生する低木です。

アセビは明るい山林に自生する日本固有種の低木で、早春、日当たりがよければ12月でも、先が浅く5つに割れたつぼ状の白い花が房のように群れて咲きます。

歌の原文の表記は馬酔木。
葉に有毒成分を含み、馬がこの葉を食べると酔ったようになるとされることに由来しまうs。

たくさん花をつける姿は、繁栄と生命力の象徴でもあり、当時の人々は自生するアセビを愛でました。

天理市の山の辺の道に咲いている馬酔木です。

天理の山の辺の道の馬酔木

この写真から色を取ってエルバンさんの「オリーブグリーン」のインクでなぞりました。

使用したエルバンインク(オリーブグリーン)とガラスペン

使用したなぞり書きの本

なぞりがき万葉集―いにしえの草花の歌 ユーキャン学び出版(2022/10/21)

本の内容はこちらの記事で詳しくご紹介しています。
【なぞりがき万葉集】丹波大女娘子が詠んだ恋の歌と大神神社「巳の神杉」

使用したインクとガラスペン

エルバントラディショナルインク オリーブグリーン

エルバンさんのインクについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
ガラスペンで愉しむなぞり書き【エルバンインク】

ガラスペンは『COCOUNITYガラスペンセット』のガラスペンを使いました。

COCOUNITY ガラスペン ガラスペンセット 10色インク15ml ギフトボックス付き 

『COCOUNITYガラスペンセット』についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
なぞり書きがしたくてガラスペンデビューしました

最後までお読み頂きありがとうございます。

PAGE TOP