大人の塗り絵におすすめ!【カリスマカラー色鉛筆】カラーチャート(色見本)とレビュー

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

色鉛筆沼にどっぷりとハマっているみくるです。
色んな色鉛筆を使っては、塗り心地や色合いの違いを楽しんでいます。

今回は、柔らかさと発色の鮮やかさが評判の『カリスマカラー色鉛筆』をご紹介します。

アイキャッチカリスマカラー
スポンサーリンク

感動レベルの柔らかさ!【カリスマカラー色鉛筆】

「カリスマカラー」と「プリズマカラー」の違い

「カリスマカラー」と「プリズマカラー」は同じとか、「プリズマカラー」が「カリスマカラー」に変わったとか、書かれていてどういうこと?と思っていました。

「カリスマカラー」は元々「べロール社」の製品でしたが、「サンフォード社」に買収され、製品の名称も「イーグルカラー」「プリズマカラー」「カリスマカラー」と変遷を遂げたそうです。

当初ベロール社で製造されていた油性色鉛筆は、同一製品を国によって違う名称で販売していました。
英国では「カリスマカラー」、米国で「プリズマカラー」、そして日本では「イーグルカラー」です。
サンフォード社に買収された際、名称が「プリズマカラー」に統一され、しばらくの間日本でも「プリズマカラー」として販売されていました。
しかしながら「プリズマカラー」は製造が米英の工場からメキシコに移管された影響で、中身の芯は同一ながら土台となる木軸や外観が、非常に粗雑な仕上げとなってしまいました。
そこで日本では、「イーグルカラー」時代の高品質を維持する為、プリズマカラー用の色芯を使用し、日本国内の工場で製造を行なう様になりました。
デザインも、日本で販売されていた当時の「イーグルカラー」のイメージを踏襲して、現在の「カリスマカラー」となっています。
従って「カリスマカラー」は現在、日本国内でのみ販売されており(発売元ベステック)、海外では「プリズマカラー」のみの販売となっています。
輸入品の「プリズマカラー」が、「カリスマカラー」と同一品として販売されることが有りますが、実際には上記の差異がありますので、ご購入の際はご注意下さい
ただし、残念ながら「カリスマカラー」は「プリズマカラー」全150色をカバーしておらず、全117色となっています。

サンフォードの通販|世界堂オンライン通販 (sekaido.co.jp)

世界堂さんのオンラインショップのページに、上記のように説明されているのを読んで疑問が解けました。

「プリズマカラー」の方がお安く手に入りますが、木軸が割れていたり、同じ色が入っていたりするとの声があって気になっていました。
工場がメキシコに移管された影響で、中身の芯は同じながら、粗雑な仕上がりになっているのですね。

芯が同じならいいと考える方もおられますが、木軸の品質が悪いと芯の割れに繋がります

「カリスマカラー」は日本国内でのみの販売なので、海外の方は「プリズマカラー」をよく使われているようです。

以上のことを踏まえて「カリスマカラー」を選びました。

カリスマカラー色鉛筆の外観

ネット上の写真ではケースがどうなっているか届くまで分からなくて気になっていました。
36色ずつ2つの箱に分かれて入っています。

カリスマカラー色鉛筆のケース

蓋は蛇腹折にして畳めるようになっています。

カリスマカラー色鉛筆のケース2

観音開きになっています。

カリスマカラー色鉛筆の外観1

開けた蓋に差し込んで立てれるようになっています。

カリスマカラー色鉛筆の外観2

後ろから見るとこうなっています。

カリスマカラー色鉛筆のケース3

全部削って並び替えてみました。
新しい色鉛筆が綺麗に並んでいるのを見ると、いつも感激します。

カリスマカラー色鉛筆の外観4

説明書きが入っていました。

カリスマカラー色鉛筆の説明書

カリスマカラー色鉛筆は全部で117色ありますが、72色セットまでしか販売されてないので、セットに無い色はバラで追加購入するようになっているようです。
収納出来るように空きスペースが設けられています。

紙製ですがしっかりとした美しいケースなのですが、2つ並べるととても場所を取ってしまいます。
それで、ケースから出して鉛筆立てに立てて使っています。

ケースを上手く使えなくて残念に思っています。

カリスマカラー色鉛筆72色セット カラーチャート

塗り心地を確かめながらカラーチャートを作りました。

カリスマカラー色鉛筆 カラーチャート

ねっとりしていると思うほど柔らかくて、一度でしかっかりと色が乗ることに驚きました。
色鮮やかに発色してとても綺麗です。

ばら売りもされていて、世界堂さんのオンラインショップなどで1本ずつ購入出来ます。
サンフォードの通販|世界堂オンライン通販 (sekaido.co.jp)

実際の塗り絵での使用例

試し塗りを兼ねて『ジョハンナの塗り絵アクティビティブック』の画材のページを全色使って塗りました。

ジョハンナの塗り絵アクティビティブック 画材のページ 途中経過

色とりどりの画材にワクワクするページです。

ジョハンナの塗り絵アクティビティブック 画材のページ 完成

『カリスマカラー色鉛筆』はとっても柔らかいので、紙の上で混ぜることができ、綺麗な混色やグラデーションが作れます。
その特徴を活かして塗ったページです。

『幸せを呼ぶせかいのお守り塗り絵』より「マザーアフリカ」

『幸せを呼ぶせかいのお守り塗り絵』より「マザーアフリカ」

『森の王国』より「大きな花瓶に溢れんばかりの花をカリスマカラーで」

『森の王国』より「大きな花瓶に溢れんばかりの花をカリスマカラーで」

このページはこちらの記事でご紹介しています。
【森の王国 福田利之塗り絵BOOK】カリスマカラーで重ね塗りする大きな花瓶

綺麗な塗り絵が速く完成するとっても素敵な色鉛筆ですが、減るのが速くてもったいなく感じてしまいます。
でも一本ずつバラで買えるので、どんどん使っていきたいと思います。

最近塗ったこちらのページでも『カリスマカラー色鉛筆』を使いました。

自律神経を整えるぬり絵「しゃれ紋」

【自律神経を整えるぬり絵】カリスマカラー色鉛筆で鮮やかに塗る「しゃれ紋」

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク