【無印良品色鉛筆】カラーチャート(色見本)とレビュー【テンプレートあり】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

色鉛筆沼にすっかりハマっているみくるです。

大人の塗り絵をするようになって、色鉛筆にはそれぞれに良さがあって、塗り心地や色合いなどにずいぶんと違いがあることを知りました。

それで、色んな色鉛筆を使ってみたくなります。

今回は、大人の塗り絵をされている方にも人気の『無印良品色鉛筆』をご紹介します。

無印良品色鉛筆
スポンサーリンク

無塗装の木の質感が心地良い【無印良品色鉛筆】

無印良品色鉛筆は無印良品さんから発売されている、60色セットが2,090円(税込)というお値段の割には、柔らかく発色の良い色鉛筆です。

セットは4種類あり、全色1本から買い足せます。

  • 12色 390円(税込)
  • 36色 紙管ケース入り 1,190円(税込)
  • 36色 ハーフサイズ 紙管ケース入り 790円(税込)
  • 60色 紙管ケース入り 2,090円(税込)
  • 1本(バラ売り) 70円(税込)

私は60色セットを選びました。

とりあえず番号順に塗ったのがこちらです。

無印良品色鉛筆 試し塗り

紙管ケースの中に色名表が入っていました。

無印良品色鉛筆 色名表

色番号は軸にシルバーで刻印されています。

無印良品さんらしくシンプルで美しいですが、色番号が見辛いです。

シルバーで刻印されている色番号

木の質感を活かした無塗装の鉛筆は手に馴染みやすく、木の香りに和みます。

全60色【カラーチャート(色見本)】

色相ごとに並び替えて、カラーチャートを作りました。

明るい可愛らしい色が多い色鉛筆です。

これから大人の塗り絵を始める人にお勧めの色鉛筆を聞かれたら、無印良品色鉛筆と答えると思います。

良いところ

  • 柔らかくて発色が良い
  • お求めやすいお値段
  • 60色セットがある
  • 1本からバラで購入できる
  • 店頭でもネットでも取り扱いがある
  • 無塗装で手に馴染みやすい

残念なところ

  • 無塗装なので色の見分けが付きにくい
  • 芯の色で見分けると、塗った色と違う色がある
  • 色番号の文字が小さな銀色で見辛い
  • 似た色が入っている(黄色系、水色系)

残念なところはカラーチャートを作ったり、色番号を手書きで書き入れることで解消されると思います。

似た色が入っていることは、黄色系や水色系の色はよく使う色なので、私はあまり気にならないのですが、くすみ系や暗い色がもう少し入っていたら良いかもとは思います。

芯の色と塗った色が違うのはこの3色です。
使う時に確かめないと、思っていたのと違う色で塗ることになりそうです。

芯の色と塗った色が違う3色

カラーチャートのテンプレート

印刷してご利用頂けるテンプレートです。

60色全部使って試し塗り【かんたんかわいいぬり絵帖】

mizutamaさんの『かんたんかわいいぬり絵帖』で試し塗りをしました。

全部の色を使って色相環風にしてみました。

『かんたんかわいいぬり絵帖』で試し塗り

柔らかくて塗りやすいです。

発色が良くてピンクやブルーのキレイな色が多いのも嬉しいです。
「56番あんず」、「48番さくらがい」、「44番マラカイトグリーン」、「52番こんぺき」が特に好きです。

無印良品色鉛筆が購入できる場所

無印良品の店舗やネットストアで購入できます。

単色のバラ売りは店頭に無くても、店舗に在庫がある場合があります。
ネットストアで購入すると送料がかかりますが、店頭で受け取ることもできます。

60色セットはAmazonやYahoo!ショッピングで購入できます。
楽天市場でも取り扱いがありますが、少し高めになっています。

最後までお読み頂きありがとうございます。


PAGE TOP