大人の塗り絵【三菱色鉛筆888】のカラーチャート(色見本)【880】との違いも

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

みくるです。

三菱色鉛筆888についてまとめました。

スポンサーリンク

モノトーンのシンプルでおしゃれなパッケージデザイン

三菱色鉛筆888パッケージ

スリーブを外したらモノトーンのシンプルでオシャレなパッケージでした。

三菱色鉛筆888内容

「三菱鉛筆」さんのサイトに次のようにあります。

繊細な描画を塗り分けるコロリアージュの特長に合わせ、同系統の色相で彩度・明度を段階的に揃えています。同系色でグラデーション状に色を塗り分ける場合にも綺麗に仕上がります。 特に、コロリアージュ本で題材になることが多い動植物を塗りやすいよう、青・緑・茶系など自然色のラインナップが充実しています。紙面への着きもよく、パステルのようなタッチでの表現も可能です。

色鉛筆 No.888 <36色セット>|鉛筆・色鉛筆|三菱鉛筆株式会社 (mpuni.co.jp)

同系色の色相で彩度・明度を段階的に揃えられているので、コロリアージュ(大人の塗り絵)を、綺麗なグラデーションを付けて塗るのに適している、ということのようです。

コロリアージュ(大人の塗り絵)とは?

コロリアージュはフランス語で塗り絵を意味する言葉です。
世界中でブームになっているい大人の塗り絵の火付け役はフランスらしいです。


日本での大人の塗り絵ブームは、10年前(2013年)に発売されたスコットランド出身のジョハンナ・バスフォードさんの『秘密の花園』がきっかけなので、ブームはイギリスから始まったとばかり思っていました。

36色全部使って試し塗り

『三菱色鉛筆888』については36色全部使って試し塗りをした
『かんたんかわいいぬり絵帖♡三菱色鉛筆888でボナペティ』もご覧ください。

太さの異なる芯

36色の内、芯の細い色(3mm)が24色、太い色(4mm)が12色ありました。

三菱色鉛筆888太さの比較

太い方が滑らかで、木の材質がしっかりしているように思います。

三菱色鉛筆888内容拡大

色名だけで番号は入っていません。

単色での販売はなく、「ユニカラー」との対応表が入っていました。

色名と色番号の対応表

太い芯の12色は『ユニカラー』と思われます。

全100色のプロ向け色鉛筆『ユニカラー』をはじめ、児童~プロ向けまで幅広くご愛用頂いている三菱鉛筆の色鉛筆芯の中から、コロリアージュに最適な36色を厳選しています。

色鉛筆 No.888 <36色セット>|鉛筆・色鉛筆|三菱鉛筆株式会社 (mpuni.co.jp)

三菱色鉛筆888のカラーチャート(色見本)を作りました

『ユニカラー』と思われる芯の太い色に印を付けました。

三菱色鉛筆888のカラーチャート

作ったカラーチャートは蓋の裏にマスキングテープで貼りました。

蓋の裏に貼った三菱色鉛筆888のカラーチャート

スリーブも切り取って貼りました。
こうしておくと色が選びやすくて便利です。

トンボ色鉛筆のカラーチャート(参考)

『トンボ色鉛筆』のカラーチャートも同じように貼っています。

蓋の裏に貼ったトンボ色鉛筆のカラーチャート

『トンボ色鉛筆』については、トンボ色鉛筆(NQシリーズ)のカラーチャート(色見本)を作りましたをご覧ください。

横向きで作れば良かったと思っていたので、今回は貼ることを想定して作りました。

紙はダイソーさんの5mm方眼のルーズリーフを使いました。

方眼のルーズリーフ

『三菱色鉛筆888』と『三菱色鉛筆880』と『トンボ色鉛筆NQ』の違い

「三菱色鉛筆880」「トンボ色鉛筆」はどちらも学童用で、同じような値段で売られているので、どちらにするか迷われると思います。
選ぶ際の参考になればと、塗り比べをしまました。

「三菱色鉛筆880」の12色セットに入っている色と比べました。

三菱色鉛筆880

880の12色セットに入っている色は、同じ色が888にも入っているのだろうと思ったのですが違いました。

三菱色鉛筆880と888とトンボ色鉛筆の塗り比べ

「むらさき」の代わりに「ユニカラー」だと思われる芯径4mmの「ダークバイオレット」が入っていました。
「うすだいだい」と「ちゃいろ」と「きいろ」の3色は色味が違いました。
他は同じ色でした。

「三菱色鉛筆888」には「ユニカラー」との対応表が入っていましたが、「880」と同じ芯の色にはそちらの色番号が書いてあれば親切なのにと思います。

実際の塗り絵で比べてみると

このページは上は「トンボ色鉛筆」で、下は「三菱色鉛筆888」で塗りました。

トンボ色鉛筆と三菱色鉛筆888の使用例

塗り心地の違いは殆ど無いように思います。
色味は「トンボ色鉛筆」の方が渋目です。

まとめ

「トンボ色鉛筆」は和風の塗り絵に合う深い色が豊富です。

「三菱色鉛筆880」は基本の色が揃っている使いやすいセットです。
「トンボ色鉛筆」と比べると明るめです。
大人の塗り絵の最初の色鉛筆に適した色鉛筆だと思います。

「三菱色鉛筆888」は「ブルーグリーン」などの青系の色や淡い色が綺麗です。
淡い色合いが好きな人に向いているセットだと思います。

どの色鉛筆が良いかは個人の好みになってしまうので、一概には言えませんが、仕上げたいイメージに合う色鉛筆を選ぶのが良いと思います。

私が他の方の作品を拝見する時は、紙と色鉛筆との相性が気になります。
何の色鉛筆で塗られているのかな、自分が持っている色鉛筆で塗っても同じように塗れるかな、と思います。

1冊の塗り絵の本を色んな色鉛筆で塗るようにしています。
1つの作品には基本的に一種類の色鉛筆だけを使っています。

私の作品が色鉛筆選びの参考になれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

PAGE TOP