【ファーバーカステル油性色鉛筆(赤缶)】カラーチャート(色見本)とレビュー【テンプレートあり】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

こんなに塗り絵にハマると思っていなかったみくるです。
大人の塗り絵を始めて最初に買ったのは『ファーバーカステル赤缶』の油性色鉛筆でした。

ファーバーカステル赤缶36色

緑色の缶に入ったプロ仕様の『ポリクロモス色鉛筆』に対して、「赤缶」と呼ばれています。
「ポリクロモス色鉛筆60色」のカラーチャートとレビューの記事は先に投稿しています。

「ポリクロモス」は上手な方が使われている上級者向けの色鉛筆という印象だったので、同じメーカーの低価格のものを選んだのでした。

スポンサーリンク

ファーバーカステル(FABER-CASTELL)とは

「ファーバーカステル」はドイツの筆記具の老舗メーカーで、260年の歴史を持つ会社です。
1851年に作成された、鉛筆の長さ・太さ・硬度の基準は現在に至るまで標準となっています。
画材・筆記具の総合メーカーとして世界120カ国以上で販売されています。

ファーバーカステルは、子供向けの色鉛筆からプレミアム品質のアーティスト向けの色鉛筆まで幅広く提供しています。ポリクロモス色鉛筆は、世界中のプロフェッショナルアーティストからその比類ない品質の高さを認められてきました。グラフィックデザインや絵画をはじめ、どのような表現にも対応できるプロのための油性色鉛筆です。

子供、学生、アーティスト向けの色鉛筆 (faber-castell.jp)

ファーバーカステルの色鉛筆は初心者や学童向けの赤缶色鉛筆になれてきた中級者向けの青缶、プロや上級者向けの緑缶の3種類に分かれています。
それぞれに、水性と油性があります。

日本ではシヤチハタが取扱代理店になっています。

ファーバーカステル油性色鉛筆【赤缶】36色セット

今回ご紹介するのは赤缶の油性色鉛筆です。
世界中で使われている老舗メーカーの色鉛筆が低価格で使えます。

ファーバーカステル赤缶36色中身

買ったのは2020年の5月なのですが、この写真はだいぶ使ってからの2022年の10月に撮りました。

軸に記載があるのは色番号のみです。
フィルムに色名の記載があったので、切り取って保存しています。

ファーバーカステル赤缶36色中身2

今日(2023年10月)に撮った写真です。
どうしてもよく使う色ばかり減ってしまい、水色が短くなってしまったので、ボンドで張り付けて使っています。
バラ売りが無いので、無くなったら使おうと「三菱色鉛筆880」の水色をセットしています。

ファーバーカステル赤缶36色のカラーチャート(色見本)

カラーチャートを作りました。
赤印は12色セット、青印は24色セットに入っている色です。

ファーバーカステル赤缶36色カラーチャート

硬くて色によっては若干カサカサしています。
発色は弱いですが、明るい綺麗な色が多いです。
私は特に「もえぎいろ」、「ときわいろ」、「わかたけいろ」が好きです。
「ももいろ」、「ばらいろ」、「みずいろ」はとても薄くて、色が乗りにくいです。

新しく作成したカラーチャートとテンプレート

パソコンでカラーチャート(色見本)を作って画用紙に印刷しました。

蓋に貼れるカラーチャート

印刷してご利用頂けるテンプレート(A4サイズ)です。

印刷してご利用頂けるテンプレート

線で切って蓋に貼って使っています。

蓋に貼った様子

ファイリングして使える縦長のも作りました。

縦長サイズのカラーチャート

印刷してご利用頂けるテンプレート(A4サイズ)です。

印刷してご利用頂けるテンプレート(縦長サイズ)

ダイソーさんの画用紙に印刷しました。

ダイソーさんの画用紙

画用紙だと塗りやすく綺麗に発色したので、色鉛筆と紙との相性があることを改めて感じました。

実際の塗り絵での使用例

発色が弱いので、優しい仕上がりになります。
好きな「もえぎいろ」、「ときわいろ」、「わかたけいろ」を活かして塗ることが多いです。

心を整える、花々のマンダラぬりえ

心を整える、花々のマンダラぬりえ1

大人の塗り絵を始めた最初の頃は筆圧強めでガシガシと塗っていたのですが、それでも濃くならない(できない)ので、淡くて可愛い感じに仕上げたい時に向いていると思います。

心を整える、花々のマンダラぬりえ2

最近では、『なつかしのサンリオキャラクターぬりえBOOK』の「パティー&ジミー」のページに使いました。

最初の頃と比べると、優しく塗り重ねることができるようになったので、赤缶の優しい発色を活かして塗り方ができるようになりました。

丁寧に時間をかけて塗るのに適した色鉛筆だと思います。

三菱色鉛筆(880)とトンボ色鉛筆(黄色缶)とファーバーカステル(赤缶)

三菱色鉛筆(880)トンボ色鉛筆(黄色缶)ファーバーカステル(赤缶)の3種類の色鉛筆は、どれも学童用で同じような価格で販売されています。

どのセットにするか迷われると思いますが、他の2種類にはない赤缶の特徴は100色まであることです。

赤缶にはバラ売りが無いのが残念なところです。

私が買った時は日本で販売されているのは36色セットまでだったのですが、2022年2月から「シヤチハタ」さんで60色セットの取り扱いが始まりました。

シヤチハタさんの商品カタログのページにそれぞれのセットに入っている色名と色番号の一覧が載っています。

Amazonなどでは100色セットの取り扱いがあるのですが、表記が中国語になっているそうです。
レビューを見る限りでは、品質に問題は無さそうです。
シヤチハタさんが取り扱いされている製品はインドネシアで製造されています。

私は色鉛筆は60色セットが一番使いやすいと思っています。
赤缶には明るい綺麗な色が揃っているようなので、またいつか買いたいです。

ファーバーカステル赤缶で塗った作品の一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。

PAGE TOP