大人の塗り絵【トンボ色鉛筆36色】カラーチャート(色見本)とレビュー

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

みくるです。

「トンボ鉛筆」さんの色鉛筆には、大人の塗り絵をされている人にも人気の「色辞典」がありますが、今回作ったのは、黄色い缶が目印のNQシリーズのカラーチャート(色見本)です。

トンボ色鉛筆

トンボ色鉛筆

『october cat』さんのこちらの動画を見てトンボ色鉛筆がずっと気になっていました。

スポンサーリンク

トンボ色鉛筆は感動レベルの使い心地?!

大人の塗り絵をしようと思ったら、まず最初に悩むのは色鉛筆選びだと思います。
学童用の色鉛筆は私の選択肢にありませんでした。
小学生が学校で使う色鉛筆、品質はそんなに良くないだろうと勝手に思っていました。

でも「トンボ色鉛筆」は感動レベルの使い心地のようです。
実際とても美しく塗られています。
それで、私も使ってみたいくなりました。

試し塗りをかねてカラーチャートを作りました。

トンボ色鉛筆(NQシリーズ)のカラーチャート

トンボ色鉛筆カラーチャート


赤印は12色セットに、黄印は24色セットに入っている色です。

ファーバーカステル赤缶との比較

前から使っている『ファーバーカステル赤缶』と比べると滑らかで綺麗に発色するように思います。
同じ36色セットでも入っている色合いが随分と違います。

こちらは赤缶のカラーチャートです。
赤印は12色セット、青印は24色セットに入っている色です。

ファーバーカステル赤缶カラーチャート

『トンボ色鉛筆NQ』はファーバーカステル社の色鉛筆を『赤缶』、『緑缶』と言うのに対して『黄色缶』と言うこともあります。

塗ってみました

『なつかしのサンリオキャラクターぬりえBOOK』から、「チアリーチャム」のページを『トンボ色鉛筆』で塗ってみました。

トンボ色鉛筆でチアリーチャム

トンボ色鉛筆は落ち着いた色合いなので、レトロぽく可愛くなったと思います。

こちらは同じく『なつかしのサンリオキャラクターぬりえBOOK』から『ファーバーカステル赤缶』で塗ったページです。

赤缶は発色が優しいので、色をいっぱい使ってもごちゃごちゃしないように思います。

色鉛筆は仕上がりのイメージに合わせて選ばれることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

PAGE TOP