塗り絵ブログ【夢見る国の12か月】クリスマスツリーを2種類の色鉛筆で塗り比べ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

いつかはEriyさんを素敵に塗りたいみくるです。

Eriyさんはイラストが可愛いのはもちろん、YouTubeやインスタライブを拝見して、話し方や雰囲気が可愛らしくて憧れています。
世界中を旅されているのも素敵です。

旅するイラストレーターEriy – YouTube
EriyさんのInstagram

そんな憧れのEriyさん、大きい塗り絵にはまだ挑戦できなくて、ポストカードサイズの塗り絵を塗っています。

スポンサーリンク

塗り絵本の紹介【夢見る国の12か月】

Eriyさんの夢見る国の12か月POSTCARD塗り絵ブックは、季節ごとのかわいいポストカードが16種類、32枚収録された本です。

女の子と猫たちの暮らしを描く塗り絵はがき
地図にものっていない小さな町の小さな家で2匹の猫たちと暮らすニーナの日常を、春・夏・秋・冬の季節を通して描く塗り絵です。

庭しごと、海辺のバカンス、リースづくり、ハロウィン、屋根裏部屋など、なにげない生活のひとこまから季節の行事まで、さまざまな場面が16種類・32枚のかわいいポストカード塗り絵になっています。

同じ絵が2枚ずつあるので、ポストカードとして送ったり、フレームに入れて飾ったり、塗り方を変えたりしてお楽しみください。
使う色や、色の組み合わせの例もご紹介しています。

夢見る国の12か月 POSTCARD 塗り絵ブック | 書籍 | 小学館 (shogakukan.co.jp)

Eriyさんのお手本とお話が書かれたページがあります。

夢見る国の12か月 Eriyさんのお手本

アレンジのヒントが書かれたページもあります。

夢見る国の12か月 Eriyさんののアドバイス

イラストは、使う色や色の組み合わせによって雰囲気がガラリと変わります
おすすめの組み合わせを少しご紹介しますので、色に迷ったときには参考にしてみてくださいね。

夢見る国の12か月

同じ絵柄が収録されているので、いろいろなアレンジを試せそうです。

トンボ色鉛筆で塗る【クリスマスツリー】

季節ごとに4枚の絵柄が収録されています。
冬の絵柄から「クリスマスツリー」を塗りました。

トンボ色鉛筆で塗るクリスマスツリー 途中経過

お手本を参考にしながら、少し配色を変えて塗っています。

背景の色に迷いつつ完成です。

トンボ色鉛筆で塗るクリスマスツリー完成

クリスマスツリー

クリスマスの前に、もみの木の飾り付けをします。
ミミは、きらきら光るオーナメントに夢中になっています。

夢見る国の12か月

『トンボ色鉛筆』で塗りました。
背景を塗るのが難しくてムラになってしまいました。

カリスマカラー色鉛筆で塗る【クリスマスツリー】

もう一枚は2022年の12月に塗りました。

カリスマカラー色鉛筆で塗るクリスマスツリー

『カリスマカラー色鉛筆』で塗りました。

柔らかくて色鮮やかな色鉛筆なので、Eriyさんの可愛らしい雰囲気にピッタリだと思います。

地図にものっていない、マリーフィールドという小さな国の小さな町に、ニーナは2匹の猫と暮らしています。
ふさふさのしっぽが自慢なのがルル。
好奇心旺盛でいたずら好きなのがミミです。

ニーナとルルとミミが暮らす家は、町はずれにある小さな一軒家。
少し古い建物ですが、季節ごとにいろとりどりの花が咲く庭や、ステンドグラスのはめ込まれた天窓つきの屋根裏部屋もあって、みんなこの家の暮らしをてても気に入っています

夢見る国の12か月

旅が好きなEriyさんらしい設定にもほっこりします。

同じ絵柄を塗っても、本にある通り使う色や色の組み合わせで雰囲気ががらりと変わって楽しいです。

2種類の色鉛筆で塗ったクリスマスツリー

背景の色を変えるだけでも雰囲気が変わりました。

使用した大人の塗り絵本

夢見る国の12か月 POSTCARD 塗り絵ブック 小学館(2021/8/5)

使用した色鉛筆

トンボ色鉛筆36色セット

カリスマカラー色鉛筆72色セット

もう一冊の【EriyさんのPOSTCARD塗り絵本】

Eriyさんの『POSTCARD塗り絵ブック』はもう一冊出ています。
夢見る部屋の16人 POSTCARD 塗り絵ブック』です。

個性豊かな16人の暮らしを描く塗り絵葉書
小さな国マリーフィールドの郊外にある古いアパートには、さまざまな夢を持つ個性豊かな16人が住んでいます。

お花屋さんになりたい女の子や、世界中を旅することを夢見る航海士、プリマ・バレリーナをめざすダンサー。新しい魔法薬の研究に夢中な魔女に、素敵な恋にあこがれる人魚・・・。それぞれの部屋と窓には、住人たちの夢見る世界がとりどりに表現されています。

塗り絵は、葉書サイズで32種類。ミシン目が入っているので簡単に切り取ってポストカードとして送ったり、フレームに入れて飾ったりできます。

著者による部屋やアパートの外観の塗り方の例も紹介しています。

夢見る部屋の16人 POSTCARD 塗り絵ブック | 書籍 | 小学館 (shogakukan.co.jp)

『夢見る部屋の16人』の方は、同じ絵が2枚ではなく、16人の部屋の窓側と部屋側の32枚の絵柄が収録されています。
ショッピングバッグが塗り絵になったそうです。

アドベントカレンダーになっているのでしょうか?
楽しくて可愛いお部屋が印象に残っていてずっと覚えています。

夢見る部屋の16人 POSTCARD 塗り絵ブック  小学館(2022/9/14)

YouTubeで塗る様子を公開されています。

『夢見る国の12か月』をもう少し塗り進めてから、『夢見る部屋の16人』も塗ろうと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

PAGE TOP