塗り絵ブログ【塗り絵でまなぶ配色のきほん】混色すれば色は無限大(レッスン4)

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

大人の塗り絵がもっと上手になりたいみくるです。

憧れの『ポリクロモス色鉛筆』を手にして、大人の塗り絵をもっと上手になりたいと始めた『塗り絵でまなぶ配色のきほん』は、色を塗りながら色彩をまなぶことができる書き込み式のドリルです。

「色の知識があればもっと素敵に塗れるのに」の思いに応えてくれる本です。

スポンサーリンク

1章 配色のレッスン

まずは基本レッスンです。

まずは色彩の基本を9つのドリルで学びます。色は無限にあること、組み合わせ次第で安心感があったり、刺激的であったりすること、色の扱い方がうまくなるヒントなどを凝縮しました。

塗り絵でまなぶ配色のきほん

レッスン1 すべの色は連続して変化している

レッスン1では色相環を塗って、すべての色は連続して変化していることを学びました。

レッスン2 トーンを変えて陰影を塗ってみよう

レッスン2では3つの濃度をそれぞれの面に塗ると立体が表現できることを学びました。

レッスン3 グレイッシュな色を楽しもう

レッスン3では中間色の作り方を学びました。

中間色を作るには、色鉛筆のもとの色に、さまざまな明るさのグレイを重ね塗りします。
重ねる色はグレイだけではなく、紺色やこげ茶で微妙なニュアンスを作れます。

あまり使えないでいる暗い色を上手に活用できるようになりたいです。

今回はレッスン4です。

レッスン4 混色すれば色は無限大

レッスン4では混色でたくさんの色が作れることを学びます。

色相環

色相が近い色(類似色)の混色

あるひとつの色相を基準として考えたとき、色相で両隣にある色を「類似色」といいます。

例えば、の類似色は黄みの橙黄緑です。

類似色の混色を実際にしてみました。

似た者同士の色はなじませやすいです。

色相が遠い色(反対色)の混色

基準の色相に対して、色相環で離れた場所にある色を反対色といいます。
明確な決まりはありませんが、このテキストでは3つ以上離れているものを反対色としています。

基準の色とは真逆の位置にある色を特別に補色と呼びます。
例えば、黄の補色は青紫です。

黄(イエロー)・青(シアン)・赤紫(マゼンタ)を三原色といいます。
この3色を掛け合わせることで、たくさんの新しい色相を作ることができます。

反対色の混色を実際にしてみました。

反対色の混色

桃色と水色など、綺麗になじませるのが難しい組み合わせがありました。

黄色と紫の混色が茶色になるのが意外でした。
色んな混色を上手に使えるようになりたいです。

使用したレッスンブック

塗り絵でまなぶ配色のきほん 桜井輝子 ホビージャパン(2020/1/20)

使用した色鉛筆

この本では、ファーバーカステル社のポリクロモス36色セットを基本とされていますが、「どの色鉛筆でも大丈夫です」とあり、代表的な色鉛筆が紹介されています。

  • ポリクロモス色鉛筆
    混色がしやすく、表現の幅が広がる色鉛筆です。
  • トンボ色鉛筆
    芯が硬めですが、軽いタッチでも色のノリが良い色鉛筆です。
    ベーシックな色が入っていますが、特に青と緑が充実しています。
  • 三菱色鉛筆880
    芯はちょうどいい柔らかさ。
    重ねやすい色鉛筆です。
    塗り跡なめらかで、赤系、茶系が充実しています。
  • ファーバーカステル赤缶
    芯は少し硬めですが、発色が綺麗で重ね塗りもしやすいです。
    ピンク~紫の色が充実しています。
塗り絵でまなぶ配色のきほん

私は『ポリクロモス色鉛筆』60色セットを使っています。
今回のレッスンで、混色で様々な色を作れることを学びましたが、綺麗に混色するのを難しく感じました。

最後までお読みいただきありがとうございます。