インクを選ぶのが楽しい【ガラスペンでなぞる文学の小道】イソップ寓話と初恋

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

なぞり書きが楽しくてインク沼にハマりかけているみくるです。

エルバンさんのインクでなぞった『ガラスペンでなぞる文学の小道』のページが素敵だったので、今回もまた。

スポンサーリンク

ページの雰囲気に合わせてインクの色を選ぶ【文学の小道】

いなかのネズミとまちのネズミ イソップ寓話

エルバンさんの「オリーブグリーン」に似合いそうなページを選んでなぞりました。

第2章「童話の宝石」イソップ寓話より『いなかのネズミとまちのネズミ』です。

いなかのネズミとまちのネズミ
みくる
みくる

英字をなぞるのも楽しい〜♪

覚えている話で合っていたかなと、1万年堂出版さんのページを読みました。

ほのぼのしたイラストが可愛らしいページです。

田舎のネズミの「僕は、おいしい物を、たくさん食べることができれば、幸せになれるって思っていた。だけど、そうじゃないかもしれないね……」に、考えさせられました。

幸せになりたくて、いろいろなものを求めていますが、欲しいものを手に入れたら、幸せになれるのかな……。

2500年前のイソップも、同じ疑問を感じていたのでしょうか。
イソップのメッセージは、今も心に響いてきます。

【イソップ物語】田舎のネズミと、町のネズミ〜幸せって、なんだろう…… | 1万年堂ライフ (10000nen.com)

みんながSNSをするようになって、他人の暮らしの様子がよく見えるようになりました。

羨ましくなることもあるけれど、幸せの形って人それぞれと改めて思いました。

いなかのネズミとまちのネズミとオリーブグリーンのインク

用紙はソリストです。

みくる
みくる

インクの濃淡が綺麗~

初恋 島崎藤村

黒を愉しむ万年筆インク6色セットつき 万年筆のある毎日』の「白兎」が似合いそうなページを選んでなそりました。

第1章「文学を歩く」より島崎藤村『初恋』です。

色彩豊かな名作の世界を歩きながら物語に想いを馳せ、あなたのお気に入りの文学を見つけてください、とあります。

島崎藤村「初恋」
まだあげ初そめし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌くみしかな

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

初々しく可愛らしい、それでいて色香のある初恋にこっくりと濃い赤の「白兎」がよく似合います。

島崎藤村は明治から昭和にかけて活躍した詩人、小説家です。
「破戒」や「夜明け前」等の名作を発表し、自由文学主義小説として高く評価されました。

「初恋」は1897年刊行の処女詩集「若菜集」に収録されています。
五七調を基調とした、日本におけるロマン主義文学の代表的な詩集です。

島崎藤村「初恋」と白兎のインク

目次のページにも同じりんごのイラストが描かれていて、可愛らしいです。

想像力の膨らむ素敵な本だと思います。

リンゴのイラストが可愛い目次

使用したなぞり書きの本

ガラスペンでなぞる文学の小道 つちや書店(2023/1/10)

本の内容についてはこちらのページに詳しく書いています。

使用した万年筆インク

エルバントラディショナルインク オリーブグリーン ミニボトル

黒を愉しむ万年筆インク6色セットつき 万年筆ある毎日

ムック本の内容、セットのインクについてこちらで詳しく書いています。

ガラスペンで愉しむなぞり書き

なぞり書きに使っている万年筆インクなぞり書きの本のまとめページを作っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

PAGE TOP