大河ドラマ「光る君へ」に登場で話題!【なぞりがき百人一首】59番/赤染衛門を演じるのは元タカラジェンヌ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

大河ドラマ「光る君へ」の放送で和歌ブームが来るかも!?と思っているみくるです。

今回は『なぞりがき百人一首』から59番/赤染衛門の歌をご紹介します。

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」では、赤染衛門を凰稀かなめさんが演じられています。

大河ドラマ「光る君へ」公式X

倫子・彰子の女房 赤染衛門(あかぞめえもん)
凰稀 かなめ(おうき・かなめ)

女流歌人。源倫子の女房であり、さらに一条天皇の中宮となる娘の藤原彰子にも仕えた。姫たちに学問を指南するうちに、文学好きなまひろ(紫式部)とも交流することになる。

【「光る君へ」人物紹介】赤染衛門 ◆ 凰稀 かなめ – 大河ドラマ「光る君へ」 – NHK
スポンサーリンク

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな

百人一首59番の赤染衛門の歌は、来なかった男への嫌味を詠んだ歌です。

なぞりがき百人一首 57番/赤染衛門

やすらはで 寝なましものを
さ夜更けて かたぶくまでの
月を見しかな

59番/赤染衛門

(現代語訳)
「今夜行く」なんて仰らなかったらためらわずさっさと寝ましたものを、夜も更け、とうとう西の空に傾く夜明けの月を見てしまいました(朝まで寝ずに待っていたのに‥)

「かたぶくまでの月」は西の空に月が傾いてきている様子=夜明けを表しています。

赤染衛門(956?-1041?)平安中期の女流歌人。正式には母の再婚相手の大隅守・赤染時用の娘となっているが、歌人で名高い。母の前夫・平兼盛(40番)が父とも。文章博士の大江匡衡と結婚。藤原道長の舅・源雅信に出仕していた縁で、道長の妻・倫子とその娘・彰子にも仕えた。

「光る君へ」では、元宝塚宙組トップスターの凰稀かなめさんが演じられる赤染衛門。

光る君へ 倫子のサロンの場面写真
大河ドラマ「光る君へ」公式X

格好いいキャリヤウーマンのような雰囲気なのに、「朝まで寝ずに待っていた」なんて歌を詠んだのねと思ったのですが、「赤染衛門の姉妹が不実な恋人・藤原道隆に贈る歌を、歌の上手い赤染衛門に代詠してもらったもの」と伝わるそうです。

第2回「めぐりあい」でまひろがしていたように、歌を代筆することがあったのですね。

なぞりがき百人一首 57番/赤染衛門 古典まめ知識

古典まめ知識「古典における月の名称」
平安貴族のデートは夜でした。そのため恋の歌にはしばしば月が詠まれます。待ちぼうけをくってとうとう夜が明けてしまった、あるいは、別れ際に恋人の態度が冷たかった、といった恋の恨みの言の歌ではとくに、明け方に見える「有明の月」や、本作のように「かたぶく月」が詠み込まれることが多いようです。

赤染衛門の姉妹の不実な恋人・藤原道隆は「光る君へ」では井浦新さんが演じられています。

光る君へ 藤原道隆の場面写真
大河ドラマ「光る君へ」公式X

藤原道隆の嫡歳は板谷由夏さんが演じらている高階貴子なので、赤染衛門の姉妹は妾だったのでしょうか。

凰稀かなめさんのコメントが「光る君へ」公式Xに載っていました。

凰稀かなめさんからのコメント
大河ドラマ「光る君へ」公式X

「良妻賢母で、賢い女性といるイメージが多いのですが、歌の内容を見るととても色気のある女性を連想させます」とあるので、かっこいいキャリウーマンのような顔以外の顔も「光る君へ」では見られそうです。

第7回「おかしきことこそ」では、打球を見てはしゃぐ様子が描かれていて、「二つの顔」を垣間見させてくれました。
赤染衛門も紫式部が仕えた彰子に仕えるので、才気を競う場面もあるかもしれません。
今後の描かれ方が楽しみです。

寝ずに待っていて見た夜明けの月からイメージして「パープル」のインクでなぞりました。

なぞり書きに使用したガラスペンとインク

奈良時代の歌人は里中満智子さんの『天上の虹』で馴染みがあるのですが、平安時代の歌人はあまり知らなくて、この本をなぞるのが止まってしまっていました。
でも「光る君へ」で馴染みができて、再び楽しくなぞり始めました。

「古典豆知識」などのおかげで、「光る君へ」もより楽しめています。

使用したなぞり書きの本

なぞりがき百人一首 ユーキャン学び出版(2020/10/23)

本の内容についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
堂鳩でなぞる【なぞりがき百人一首】1番/天智天皇【万年筆のある毎日】

使用した万年筆インクとガラスペン

COCOUNITY ガラスペン ガラスペンセット 10色インク15ml ギフトボックス付き 

『COCOUNITYガラスペンセット』についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
なぞり書きがしたくてガラスペンデビューしました

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク